白髪染めは自分に合ったものを選びましょう。

白髪を目立たなくする方法

白髪を目立たなくするための最良の方法は、ヘアサイクルを正常に保ち、なるべく白髪を増やさないようにすることです。そのためには頭皮や髪の毛の栄養となる食品をきちんと摂り、身体を動かして全身の血行を良くしておく事です。また、ストレスがたまらないように規則正しい生活をおくり、睡眠時間もしっかりととる事が大切です。

それでも白髪が増えてしまい、毎日が憂うつでどうしてもストレスがたまってしまうという場合は、「白髪染め」を利用してみましょう。
白髪染めには、いくつかの種類がありますが、それぞれのメリットやデメリットを知り、自分に合ったものを選んで効果的に使う事が大切です。

スポンサーリンク

白髪染めの種類

●カラースプレー
カラースプレーは、最も手軽にできる白髪染めで、一時的に髪の毛の表面に染料を付着させるものです。染料が髪の毛の内部まで浸透しないため、髪や頭皮へのダメージは少なくて済みますが、落ちやすいと言うデメリットがあります。生え際などの白髪に使用するのに向いていますが、シャンプーをすると落ちてしまいます。

●ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは、メラニン色素の分解や脱色はせずに髪の毛の表面のタンパク質と酸性染料と結合させることにより染色するものです。髪の毛の奥まで浸透しないため、比較的ダメージも少ないですが、シャンプーを繰り返すうちに1ヵ月弱で色が落ちてしまうという難点もあります。
ヘアマニキュアは、家庭で手軽にできる染毛剤として市販されています。

●ヘアカラー
ヘアカラーは、メラニン色素を分解、脱色した上で染料を髪の内部まで浸透・定着させるため、髪全体が均一に染まり、シャンプーによる色落ちも殆どありません。
しかし、髪の毛が伸びると根元のほうが白くなって来ますので、定期的に染め直さなければならないというデメリットや、ヘアカラーを繰り返すことによりキューティクルがはがれたり、髪の毛がパサついたりといったダメージを受けるというデメリットがあります。

●カラーリンス
カラーリンスは、シャンプーをする時に普通のリンスと同じように使用する事により、保湿しながら少しずつ髪の毛を染めて行くというものです。淡いブルーやグレーなどの色合いを加えて白髪を自然に目立たなくするので、即効性がないというデメリットがありますが、髪へのダメージは少ないというメリットがあります。

●白髪染めシャンプー
白髪染めシャンプーは、髪に栄養を与えながら白髪を自然な形で染めることができ、同時に頭皮や髪の毛を清潔に保つ事ができるというメリットがあります。天然ハーブやヘナを原料にした白髪染めシャンプーなどが市販されていますが、効果が現れるまで時間がかかり、また多くの場合、パックと併用しなければ効果がないというデメリットもあります。

※このように白髪を染める方法は各種ありますが、「白髪染めを使うのはどうしても不安」という方や「自分にはどのような白髪染めが向いているかわからない」という方は、皮膚科の専門医や美容院の専門スタッフに相談してみましょう。

スポンサーリンク

【関連ページ】
老化現象と白髪の関係
白髪は抜かないほうが良い?
黒豆の老化防止(アンチエイジング)効果

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP