カルシウムパラドックスの怖さを知ろう

恐怖のカルシウムパラドックスとは?

パラドックスとは、「逆説」という意味ですが、「今まで常識と考えられていた事が実は逆だった」という事です。カルシウムに関しては「カルシウムが不足すると骨が弱くなる」という事は常識として捉えられていますが、血管や脳では逆の現象が起こります。

「カルシウムが不足すると、血管や脳にはカルシウムが増えてくる」のです。この現象を一般に「カルシウムパラドックス」と言っています。

今まではカルシウムを摂り過ぎると腎臓結石ができやすいと信じられていましたが、実際はこの逆で「カルシウムが不足すると腎臓結石ができやすい」という事がわかってきたのです。

スポンサーリンク

カルシウムパラドックスが起こる仕組み

人体のカルシウムの99%は骨に蓄えられていますが、残りの1%は、血液中や細胞に存在しています。そして血液中のカルシウム濃度は常に9~10mg/dlと一定に保たれています。

カルシウムは「生命の炎」と言われていますが、血液中のカルシウム濃度がいつも一定に保たれているために心臓や脳、その他の器官が正常に働き、人間の生命を保っているのです。

カルシウムの摂り方が足らないと血液中のカルシウムは少し減少します。血液中のカルシウム濃度の低下は生命の危機にも直結するため、この情報は副甲状腺という内分泌腺に伝えられ、ただちに副甲状腺ホルモンが分泌されます。

副甲状腺ホルモンは、骨からカルシウムを取り出し、血液中の濃度を一定に保とうとします。これは生命維持のためのすばらしい仕組みですが、怖いのは慢性的にカルシウムが不足している場合です。常にカルシウムが骨から溶かし出されると骨はもろく、スカスカになります。これが骨そしょう症と言われる症状です。

しかし、それ以上に怖いのは、副甲状腺ホルモンがいつも出ていると、骨から過剰にカルシウムが溶かし出され、余分な分が血管や脳、軟骨などの通常はカルシウムが存在しないところまで入り込んでしまう事です。
その結果、さまざまな病気が引き起こされる事になりますが、このような仕組みを「カルシウムパラドックス」と言っています。

カルシウムパラドックスと病気の関係

腎臓結石は、カルシウムの過剰摂取が原因と思われて来ましたが、実際は逆でカルシウムが不足する事が原因で骨からカルシウムが溶け出し、それが結石を作る事がわかって来ました。この溶け出したカルシウムは、腎臓結石の他にも胆嚢結石・膀胱結石・尿管結石などの原因になる事があります。

血管にカルシウムが増えると血管は硬くなり動脈硬化になります。また血液が通りにくくなるため高血圧症を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の危険性を高めます。

脳の中にカルシウムが増えると脳細胞の働きが阻害されたり、細胞自体が傷つけられたりするため、記憶障害や認知症、アルツハイマー病などを発症しやすくなります。

軟骨にカルシウムが入り込むと、軟骨は古いゴムのように硬くなります。固くなった軟骨は次第にすり減って行き、骨と骨が直接ぶつかって痛みの出る変形性関節症を引き起こします。

免疫細胞の中にカルシウムが入りこむと、免疫のシステムがうまく働かず、がん細胞などの増殖を抑え込む事も難しくなります。

このように、高齢者にとってカルシウムの不足は殆どの病気に関連するといっても過言ではありません。健康で長生きするためにも、カルシウム不足には十分に気をつけましょう。

スポンサーリンク

【関連ページ】
カルシウムが不足するとどうなるか
骨そしょう症の予防にカルシウムを
カルシウム不足が動脈硬化の原因に
ヨーグルトを食べる人は長生きする

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP