自分に合った方法で生理痛の軽減を・・・

生理痛をやわらげる方法

女性にとって生理の期間は気分的にも憂うつですが、生理痛があるとさらにつらく感じます。しかし、我慢しているよりは、生理痛を和らげる方法を知り、実践してみましょう。
ひと口に生理痛と言っても人により、色々な原因があります。まずは、生理痛の原因を知り、それに合った対策を立てましょう。

スポンサーリンク

生理痛の原因

●ホルモンの働きによる生理痛
生理中は子宮内膜から「プロスタグランディン」というホルモンが分泌されます。このホルモンは出産時に陣痛を起こすための重要なホルモンですが、生理中にも子宮を収縮させて不要な内膜を外に押し出す働きをします。しかし、過剰に分泌されると、子宮も必要以上に収縮してしまい、生理痛の症状として現れます。

●冷えから来る生理痛
体が冷えると血行が悪くなり、生理痛がひどくなります。体を締め付ける下着や洋服も同じく、血行を妨げるため、生理痛を起こす誘因となります。

●子宮の異常から来る生理痛
子宮内膜症や子宮筋腫がある場合、出血量が増えたり、生理痛がひどくなります。

●子宮口が原因の生理痛
比較的若い女性に見られるのが、子宮口が原因の生理痛です。若い女性の場合、子宮と膣とをつなぐ子宮頚管が細く、子宮口もかたいため、血液を流そうとする力が加わり、それが痛みとなり生理痛の症状として現れます。

生理痛を和らげる方法

生理痛を和らげる方法として、まず挙げられるのが鎮痛剤の使用です。生理中は、子宮の収縮を促す物質「プロスタグランディン」が分泌されますが、この物質はまた痛みを発生させる大きな原因ともなっています。

そしてこの「プロスタグランディン」は「シクロオシゲナーゼ」という酵素の働きにより分泌されます。鎮痛剤は、この「シクロオシゲナーゼ」の作用を阻害する働きがあるため、生理痛を抑える事ができるのです。

「頭痛、生理痛に・・・」という名目で市販されている鎮痛剤の殆どは、このしくみを利用して痛みを抑えます。鎮痛剤を使用する場合は、生理の開始から痛みが来るまでの間(プロスタングランディンが分泌される前)に飲むのが効果的です。

また、生理痛を軽減するものとして、低容量ピルがあります。ピルは元来は避妊薬ですが、生理中のホルモンバランスを整え、痛みをとる効果もありますので、婦人科医に相談してみましょう。

冷えから来る生理痛は、まず冷えを解消し、血液の循環を良くするようにしましょう。生理が始まる前から、ストレッチやマッサージなどをして血液の循環を良くしておくと、生理中の痛みを軽減する事ができます。

生理中は、おなかや腰の部分にカイロを当てて温めたり、温かい飲み物を飲むだけでも緩和する事ができます。生理中の飲み物としておすすめなのは、ハーブティーやホットミルクなどです。暑い時には、冷たい飲み物を飲みたくなりますが、生理中はなるべく避けましょう。夏場は、冷房による冷えから体を守る事も大切です。

また、お風呂に入ったり、シャワーを浴びて全身を温めるのも有効です。経血の多い日はタンポンを使用し、少ない日はそのままで入浴しても大丈夫です。

生理痛を軽減するものとして、ツボ押しが効果を発揮する事もあります。腰骨の両脇にある4つのくぼみを仙骨と言いますが、この仙骨のツボをグッと押すと生理痛が軽減すると言われます。

この他、子宮の異常による生理痛は、治療する事により生理痛をなくすことも可能です。出血量が増加していたり、生理痛がひどい場合はためらわずに婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク

【関連ページ】
生理不順(月経不順)の原因は?
自分でできる生理不順の改善法
生理の前にイライラするのはなぜ?
生理がこない、無月経の原因
冷えが子宮筋腫の原因に!

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP