軽い生理不順なら、自分で改善することが可能です。

自分でできる生理不順の改善法

生理不順(月経不順)を放っておくと、子宮内部が妊娠しにくい環境になり、不妊症の原因になる事があります。また、重大な病気が隠れている場合は、それが悪化してしまう可能性もあります。
軽い生理不順(月経不順)なら、自分で改善することができますので、次のような事をヒントに早めに改善してみましょう。

スポンサーリンク

生理不順を改善する方法

●規則正しい生活リズムを取り戻す
生理不順は、ホルモンのバランスが崩れている事が大きな原因のひとつになっています。自分が心地よいと感じる生活リズムを取り戻し、ホルモンのバランスを整えましょう。昼間は、なるべく体を動かし、新陳代謝を良くしましょう。夜は、睡眠をしっかりとる事により、自律神経が整いホルモンのバランスも良くなって来ます。

●ストレスをためない
女性の体にとって、生理のしくみは非常にデリケートです。そのため、心身のストレスは、生理の周期にもろに影響を与えます。「ストレスがたまっているな」と感じたら、休暇をとったり、好きなことに熱中して早めにストレスを解消しましょう。

●十分な栄養をとる
栄養不足も生理不順の原因になります。インスタント食品や冷凍食品ばかりに頼らずに、良質なタンパク質や旬の野菜など、栄養バランスのとれた食事をしましょう。1日3食をきちんと食べる事も体にリズムを作る事になり、生理不順の改善に有効です。

●冷えを解消する
体の冷えも生理不順の原因のひとつです。全身の血液循環が悪くなり、子宮内部の血液循環も悪くなるため、生理不順や生理痛を引き起こすのです。低体温の人や冷え性の人は、常に体を温めるようにして、冷えを解消しましょう。寒い時期は外気の冷えから体を守るとともに、温かい飲み物や体を温める食物などで、内側からも温めるようにしましょう。血のめぐりを良くする事が、生理不順の改善につながります。

●毎日の入浴
湯舟にゆったりとつかる事により、心身ともにリラックスし、自律神経を整える事ができます。また全身の血行も良くなりますので、生理不順解消へとつながります。

●無理なダイエットをしない
無理なダイエットは、体に負担をかけるばかりでなく、栄養不足に陥る危険性があります。また精神的にも不安心理が根底にあり、それがストレスとなってホルモンのバランスを崩し、生理不順につながります。体のために、無理なダイエットは、控えましょう。

●サプリメントの摂取
生理不順を緩和するサプリメントとして、「イソフラボン」があります。イソフラボンは大豆に含まれているもので、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。特にエストロゲンの分泌が減少する更年期の女性の生理不順緩和に役立ちます。
また、血行不良による生理不順の場合は、ビタミンEの摂取で改善する事があります。

スポンサーリンク

【関連ページ】
生理痛をやわらげる方法
生理不順(月経不順)の原因は?
生理の前にイライラするのはなぜ?
生理がこない、無月経の原因

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP