赤ちゃんにとって睡眠は成長の時

赤ちゃんを上手に寝かしつける方法

赤ちゃんの成長のためには、夜ぐっすり眠ることが何より大切です。
成長ホルモンは、夜10時~2時に最も多く分泌されるからです。
夜泣きを防いで、赤ちゃんを上手に寝かしつける方法としては次のようなことがあげられます。 

スポンサーリンク

赤ちゃんを上手に寝かしつける方法

●昼間は、太陽の光を浴びさせる
太陽の光を浴びさせることにより、昼と夜の区別ができるようになります。また、活発に体を動かす事により、夜はぐっすりと眠ることができます。

●決まった時間に寝かしつける
毎日、決まった時間に赤ちゃんをベッドやふとんに連れて行き、寝かしつけるようにしましょう。

●寝る前にぬるめのお風呂に入れる
大人よりちょっとぬるめの温度(38~40℃)のお風呂に入れ、体を温めてあげましょう。お風呂はリラックスできる他、適度に疲れるため、眠りをさそいます。

●寝る前におっぱいやミルクをたっぷり飲ませる
夜中におなかがすかないように、おっぱいやミルクをたっぷり飲ませることにより、ぐっすり眠ることができます。

●寝る前におむつを取り替える
おむつを取り替えることにより、赤ちゃんも気持ちよく眠ることができます。

●部屋は薄暗くしておく
赤ちゃんが夜眠る部屋は薄暗くしておき、また周りの雑音が聞こえないように静かにしておく事により、ぐっすりと眠ることができます。

●決まった入眠儀式を行う
赤ちゃんが眠る時に、子守唄を歌ってあげる、静かな音楽を流す、背中をなでてあげる、絵本を読んであげるなどの入眠儀式を行ってみましょう。赤ちゃんは安心して、気持ちよく眠るようになります。

スポンサーリンク

【関連ページ】
赤ちゃんの夜泣きの原因
夜泣きはいつまで続く?
赤ちゃんの夜泣き対策

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP