赤ちゃんの夜泣き対策としておすすめの方法

赤ちゃんの夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きは、成長の一過程なので心配はありませんが、まれに泣き過ぎてひきつけを起こす事があります。また、赤ちゃんを心配するあまり、両親が眠れなくなってしまい、翌日の仕事に支障をきたすという事もあります。
この大変な時期を赤ちゃんも両親も少しでも軽く乗り越えられるよう、次のような対策をとってみましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣き対策

●抱っこする
泣いている赤ちゃんを、抱っこして言葉をかけながら少しゆらゆらと揺らしてあげましょう。
赤ちゃんを安心させてあげると、次第に泣き止んで眠ることがあります。

●添い寝をする
添い寝をして、背中をやさしくさすってあげたり、子守唄などを歌ってあげましょう。同じ歌をゆっくりと歌ってあげると効果的です。

●人形やぬいぐるみを持たせる
普段から大切にしている人形やぬいぐるみを持たせると、それを抱っこしながら眠ってしまう場合があります。

●飲み物を与える
おっぱいやミルクを与えたり、温かいお茶や白湯を飲ませてみましょう。
お腹がいっぱいになると、泣きやんで眠る場合があります。

●おしゃぶりを与える
おしゃぶりが好きな赤ちゃんに効果的な方法です。おしゃぶりをくわえながら、いつの間にか眠ってしまいます。

●車に乗せてドライブ
赤ちゃんをチャイルドシートにしっかりと乗せ、しばらくドライブしてみましょう。車の振動が眠りをさそうのかどうかはわかりませんが、この方法で眠ってしまう赤ちゃんは多いようです。

●一度起こしてしまう
半分夢を見ている状態で、ねぼけながら泣いている場合に効果的な方法です。部屋を明るくして一度完全に起こしてしまい、赤ちゃんの相手をしてあげます。泣き止んだら部屋をもう一度暗くして寝かしつけます。

スポンサーリンク

【関連ページ】
赤ちゃんの夜泣きの原因
夜泣きはいつまで続く?
赤ちゃんを上手に寝かしつける方法

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP