母乳は、赤ちゃんにとって最適な栄養源

赤ちゃんに母乳が良いのはなぜ?

赤ちゃんを育てるには、「母乳が良い」とよく言われますが、それはなぜでしょう?
実は母乳には赤ちゃんを守り、成長させるためのすばらしい秘密がたくさんあるのです。母乳で育てるメリットを知り、可能ならば赤ちゃんを母乳で育てましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんにとって母乳が良い理由

●完璧な栄養バランス
母乳には、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がほぼ完璧な状態で含まれています。人間の体に必要な三大栄養素の他、各種ビタミンやミネラル、ホルモン、酵素まで含まれています。

●成長時期に合わせて変化
母乳に含まれる栄養は、赤ちゃんの成長時期に合わせて変化して行きます。粉ミルクの成分はいつも一定ですが、母乳の場合は、赤ちゃんのその時期に必要な栄養分が自然に摂取できるようになっています。

●抗菌物質・免疫物質が含まれている
母乳の中には、数種類の抗菌物質や免疫物質が含まれており、生まれたばかりで抵抗力のない赤ちゃんを細菌やウィルスから守ってくれます。
特に出産後3~5日頃に出る黄色みがかった母乳を「初乳」と言いますが、この初乳には赤ちゃんを守るための免疫物質が驚くほどたくさん含まれています。
母乳で育つ赤ちゃんは抵抗力が強く、元気な子が多いと言われるのもこのような理由によるものです。

●消化・吸収が良い
母乳に含まれるタンパク質は、「αラクトアルブミン」というものですが、このタンパク質は胃の中で酵素と胃酸の働きで、より柔らかな細かいタンパク質に変化します。そのため、非常に消化吸収が良く、母乳で育つ赤ちゃんは、便秘が少ないと言われる根拠にもなっています。

●アレルギーになりにくい
母乳には、人間の体にとって異質の成分が含まれていないため、アレルギー反応を起こす確率は低くなります。また、アレルギーの原因になる異種のタンパク質の吸収を防ぐ働きもあります。

●あごの発達を促す
赤ちゃんが母乳を飲む時には、あごや舌に力を入れて飲まなければなりませんが、それが自然にあごや頬の筋肉を鍛えています。また、あごを動かす事によって脳の発達も促し、口の周囲の筋肉が鍛えられると、将来の歯の発育や歯並びにも良い影響を与えます。

このように、赤ちゃんにとって母乳はメリットはあってもデメリットは殆どありません。母乳の成分のすばらしさばかりではなく、精神面では赤ちゃんとお母さんの信頼関係が生まれ、親子の絆が深まるという一面もあります。また、お母さんにとっても、赤ちゃんに母乳を与える事は産褥期のリハビリにもなるため、子宮の戻りや体重の戻りも早くなります。

スポンサーリンク

【関連ページ】
赤ちゃんの初めての発熱・原因は?
赤ちゃんの夜泣きの原因
夜泣きはいつまで続く?

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP