免疫力を高めるサプリメントは種類が豊富です

免疫力を高めるサプリメント

免疫力を高めるには、栄養バランスのとれた食生活が基本ですが、補助的にサプリメントを服用するのも良いでしょう。現在は、免疫力を高めるサプリメントも色々なものが市販されており、入手しやすくなっていますが、くれぐれも過剰症には注意し、自分の身体に合ったものを利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

免疫力を高めるサプリメント

免疫力を高めるサプリメントとして、次のようなものが良く知られています。
(※ここでご紹介のサプリメントは、必ずしも効果が実証されたわけではなく、また全ての人に同じような効果がある訳ではありません。)

● プロポリス
プロポリスは、ハチが外部の菌やウィルスから巣を守るために、樹液で巣の入り口やすき間を口で塗り固めたもので、天然の抗菌物質・抗生物質と呼ばれています。
プロポリスには免疫を高める作用の他、殺菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、抗アレルギー作用、抗腫瘍作用、抗酸化作用がある事が知られています。プロポリスのサプリメントは、アルコールで抽出されたものや、アレルゲンを含むものもありますので、購入する場合は事前に専門家に相談する事をおすすめします。

●ローヤルゼリー
ローヤルゼリーは、王乳とも呼ばれ、ミツバチの女王バチのために特別に作られたもので、栄養成分が豊富な上、免疫力を高める作用、抗菌作用、抗アレルギー作用、コレステロール低下作用、中性脂肪低下作用などがある事が知られています。

●エキナセア
エキナセアは、北米原産のキク科の多年草で、アメリカ先住民が風邪や鼻炎のほか、万能薬として使って来たものです。エキナセアの多糖類には白血球中のマクロファージを活性化させ、免疫力を高める働きがある事が知られており、特に風邪のひき始めに飲むと効果があるとされています。
ただし、エキナセアは、膠原病の人は服用しないほうが良いとされていますので、注意してください。

●キャツクロー
キャッツクロー(ネコの爪)は、アマゾン地域に自生するツル性の植物で、葉っぱの付け根の部分にネコの爪のような太いトゲがあるためにこの名がつけられました。
キャッツクローの樹皮にはアルカロイドという成分が含まれており、免疫強化や消炎効果、鎮痛効果があるとされています。南アフリカ原産のデビルズクロー(悪魔の爪)も同様の効果があるとされています。

●ヤマブシダケ(山伏茸)
ヤマブシダケには、「ヘテロ型」のβ-D-グルカンが多量に含まれ、免疫力を強化する働きがあるとされています。

●霊芝
霊芝は中国原産のサルノコシカケ科のキノコで、多糖類のβグルカンが豊富に含まれています。またサイトカインの産出を促進する働きもあり、免疫力を高める作用の他、滋養強壮、抗腫瘍作用などがあるとされています。

●アガリクス
アガリクスはブラジル原産のキノコで、多糖類のβグルカンが豊富に含まれています。免疫力を高める作用が知られている他、抗ガン作用や糖尿病などの生活習慣病の改善にも効果があると言われています。

●亜鉛
亜鉛は、タンパク質の合成やホルモンの生成など、身体の中の新陳代謝にかかわる重要なミネラルです。亜鉛は免疫力を保つ働きがある他、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

●セレン
セレンは、酸化防止酵素を活性化する微量元素として体内に存在しています。免疫系の白血球の活動を高めたり、老化やがん、動脈硬化の原因となる活性酸素を無毒化する働きがあるとされています。

●サメ軟骨
サメ軟骨は免疫力を高めるとともに、ガン細胞の増殖を阻止する働きがあると言われます。またサメ軟骨には関節炎を軽減するコンドロイチン硫酸も含まれています。

●ノニ
ノニは、ハワイなどのポリネシア諸島、東南アジア、オーストラリアなどに自生するアカネ科の熱帯植物です。ノニには、免疫力を高める働きや、抗ガン作用、生活習慣病の予防、関節炎の軽減などの作用があるとされています。サプリメントの他、ジュースとしても市販されています。

●アスタキサンチン
アスタキサンチンはサケの切り身やイクラに含まれる赤色の色素で、最近ではサプリメントの他、化粧品などにも使われています。アスタキサンチンには、免疫力を高める作用の他、抗炎症作用、動脈硬化抑制、抗ガン作用、糖尿病予防、ストレス抑制作用などがあるとされています。

スポンサーリンク

【関連ページ】
免疫力と病気の関係
免疫力を上げる(アップする)方法
免疫力を高める食品は?
免疫力の強化とガン予防

スポンサーリンク





↑ PAGE TOP